男性器の悩み『包茎手術』他人に相談できない包茎の悩みを解消。包茎治療で男性としての自信を!

  • こんな方におススメ
  • 効果
  • 料金
  • この施術のポイント

  • アフターケア
  • 施術の流れ
  • この施術の詳細
  • 施術後の経過

こんな方におススメ 男性器の悩み『包茎手術』

この施術の効果 男性器の悩み『包茎手術』

  • 仮性包茎の治療が可能
  • 真性包茎の治療が可能
  • カントン包茎の治療が可能
  • コンプレックスが解消される
  • 男性として自信が出てくる
  • 傷跡や色むらのない自然な仕上がりが可能
  • 半永久的な効果がある
  • 施術を受けたことが他人に判らない

料金 男性器の悩み『包茎手術』

施術名 施術概要 備考 料金
包茎手術 包皮切除による
包茎治療術
※麻酔代・アフターケア代を含む 150,000円
(本体価格)

※表示料金は、本体価格です。消費税は含まれておりません。

「料金一覧」詳細ページへ

無料カウンセリング予約ドクターの無料カウンセリング日時のご予約はこちらから。

無料メール相談まずは、無料でメール相談。お気軽にどうぞ。

フリーダイアル 0120-107-929 受付 10:00~19:00/土日祝も診療

このページの先頭に戻る

3つのポイント(安心・技術・特長)男性器の悩み『包茎手術』

Point1:安心
  • カウンセリングから術後まで、全て男性医師が担当します。
  • しっかりと丁寧なカウンセリングで対応します。
  • 豊富な症例数と経験を持つ専門医師が担当します。
  • 腫れや痛みの心配を最小限に抑えます。
  • 確実な効果が望めます。
  • 丁寧な施術法で、治療跡が判らない自然な状態に仕上げます。
  • 施術後、性交時の感覚が鈍くなるような心配はありません。
  • 施術後、性欲が低下するような心配はありません。
  • 施術後、早漏の改善が可能になる場合があります。
Point2:技術
  • 豊富な症例を持つ専門の美容外科医師が、その経験と技術でお応えします。
  • カウンセリングでしっかりとご希望をお聞きして、その方に最適の術法をご提案しシミュレーションを行います。
  • 仮性包茎真性包茎カントン包茎の治療が可能です。
  • 安全で高品質の素材を使用しています。
  • 約30分の施術で、男性器の悩みを解消します。
  • 局部麻酔で、施術中の痛みの心配はありません。
  • 局部麻酔の前に麻酔クリームを塗布。麻酔注射の痛みを抑えます。
  • 極細の注射針を使用するので、麻酔注射の痛みを抑えることが可能です。
  • 丁寧な施術法で、腫れや痛み内出血の心配を最小限に抑えます。
  • ひとりひとりの方の包皮の程度に適した施術法で対処します。
  • 「亀頭直下切除法」または、「陰茎根本切除法」を用いて確実な治療を施します。
  • 「亀頭直下切除法」では、切除線と縫合線が亀頭の下に隠れるので、手術をしたことが判らない仕上がりになります。
  • 「陰茎根本切除法」では、切除線と縫合線が陰茎の根本になるので、陰毛に隠れて手術をしたことが判らない仕上がりになります。
  • 丁寧な施術法で、術後の腫れや痛み、内出血の心配を最小限に抑えます。
  • 丁寧な切開を行うことで、最小限の傷跡に抑えることが可能です。
  • 切開線が出来るだけ目立たないように、丁寧な縫合を行います。
  • 手術を受けたことが他人に判らないような自然な仕上りが可能です。
Point3:特長
  • 施術時間は、約30分程度です。
  • 「包茎手術」は、男性器の余分な包皮を切除した後に縫合。亀頭を露出させる治療法です。
  • 「包茎手術」を施すことで、男性としての外見上やメンタル面などの悩みを解消できます。
  • また、臭いなどの衛生上の問題の解消ができます。
  • 排尿障害・痛み・違和感などの症状が解消されます。
  • 一度の施術で、半永久的な治療効果があります。

アフターケア 男性器の悩み『包茎手術』

  • 『夜間緊急サポート』で安心サポート
  • 「術後検診」でしっかりサポート
  • 『無料アフターケア相談』でいつでもサポート

「アフターケア&保証制度」詳細ページへ

「夜間緊急サポート」について

施術の流れ 男性器の悩み『包茎手術』

カウンセリングの日

  • カウンセリング予約
  • 来院・カウンセリング
  • 施術日時の予約
  • ご帰宅

施術の日

  • 施術日来院
  • ドクターの問診・デザイン確認
  • 施術時間約30分

    • 消毒・麻酔
    • 施術
    • リカバリールームでお休み

ご帰宅してから

  • ご帰宅
  • アフターサポート・『夜間緊急サポート』
  • 術後検診・アフターケア・『無料アフターケア相談』

「カウンセリング~施術の流れ」詳細ページへ

「アフターケア&保証制度」詳細ページへ

施術詳細 男性器の悩み『包茎手術』

  1. Step1.包茎について

    陰茎先端部(亀頭部)が、包皮に包まれている状態を「包茎」といいます。
    男性はある一定の年齢を迎える頃になると、陰茎の先端部(亀頭部)を覆う皮膚が付け根の方へ後退していきます。
    包皮が、後退してくると亀頭部が露出してくるようになります。
    しかし、成人になっても亀頭が包皮に覆われたままの状態になっている場合があります。
    包茎には、「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。

  2. Step2.「仮性包茎」について

    「仮性包茎」では、手などを用いると亀頭を露出させることは可能ですが、通常は亀頭が露出していません。
    「仮性包茎」の症状には、軽度のものから重度のものまであります。
    「仮性包茎」軽度では、平常時には亀頭が包皮に覆われていますが、勃起時には亀頭がほとんど露出します。
    「仮性包茎」重度では、平常時においても勃起時においても亀頭が露出しない場合があります。

  3. Step3.「真性包茎」について

    「真性包茎」では、平常時だけでなく勃起時にも亀頭が包皮に覆われたままの状態になります。
    「真性包茎」は、男性器を覆っている包皮の出口が狭いために亀頭が露出できない状態になっています。

  4. Step4.「カントン包茎」について

    「カントン包茎」では、平常時に何とか亀頭を露出させることが可能ですが、痛みのために元の状態に戻すことができなくなる場合があります。
    「カントン包茎」は包皮口が狭いため、無理に包皮を動かそうとすると痛みが出てしまうためです。

  5. Step5.「包茎」の問題点

    「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」のいずれにおいても、衛生面での問題があげられます。
    亀頭が包皮に覆われているために、どうしても細菌や恥垢が留まりやすい状態になってしまいます。
    恥垢(ちこう)とは、男性器が包皮で覆われているために、包皮と亀頭の間に皮膚のアカやカスが溜まって出来る黄白色の塊りです。
    細菌や恥垢が原因で炎症を引き起こしやすく、また、傷つきやすい状態になっています。
    包皮に包まれた状態の亀頭は雑菌が繁殖しやすいため、包皮炎・亀頭炎・尿道炎の誘引となります。
    痛みを伴う包茎では、痛みのために男性器の洗浄ができなくなってしまうことがあります。
    男性器の洗浄が不充分になると、悪臭を放つようになります。
    包皮口が極めて細い包茎の場合には、排尿障害を引き起こす場合があります。
    また、排尿時に包皮内に尿が溜まってしまい風船のように膨らんでくる「バルーニング現象」を引き起こす場合があります。

  6. Step6.「包茎治療」の術法について

    「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」それぞれの症状に適した術法で治療を施します。
    包茎手術では、どの症状においても確実な治療を施すことが大切になります。
    「亀頭直下切除法」または「陰茎根本切除法」は、陰茎の先端部(亀頭部)を覆っている包皮を切除して縫合する施術法です。
    「亀頭直下切除法」「陰茎根本切除法」では、手術を施したことが判らない状態に仕上げることが可能です。
    「亀頭直下切除法」は、切除線と縫合線が亀頭の下に隠れてしまうので、手術をしたことが判らない仕上がりになります。
    「陰茎根本切除法」は、陰茎の根本で切除と縫合。切除線と縫合線が陰毛に隠れてしまうので、手術をしたことが判らない仕上がりになります。

  7. Step7.「包茎治療」のメリットについて

    「包茎手術」を受けると、勃起時だけでなく平常時でも亀頭が露出している状態になります。
    「包茎手術」を受けることによって見た目が良くなり、メンタル面でのコンプレックスやハンデキャップから解消されます。
    清潔な状態になるので、臭いや恥垢など衛生上の問題から解消されます。
    包皮炎・亀頭炎・尿道炎などの症状が解消されます。
    早漏の予防が可能になります。

  8. Step8.「包茎治療」を受ける時期について

    包茎治療を受ける年齢について、18歳前後が適しているといわれています。
    また、70代の男性でも包茎治療は可能です。
    介護を受ける前に治療を希望する60~80代男性の包茎治療も可能です。

施術後の経過 男性器の悩み『包茎手術』

施術後 施術部位に包帯を巻きます。先端部には包帯を巻きませんので、排尿は包帯をしたままで可能です。
リカバリールームで2~3時間お休みしていただきます。
当日 ご帰宅していただきます。
『夜間緊急サポート』で安心してお休みください。

「夜間緊急サポート」について

局所麻酔によって、施術部位が少し腫れぼったく感じることありますが、数日で解消します。若干の鈍痛を感じますが、短時間で解消します。痛み止めの薬剤を処方しますので、必要に応じて服用してください。
しばらくの間、治療部位へのマッサージなどは控えてください。
飲酒と運動は控えてください。
翌日 シャワー可能(※施術部位を濡らさないようにしてください。)
数日後 施術部位の腫れぼったい感じが徐々に解消します。
約7日後 来院していただき、術後検診・抜糸をおこないます。
抜糸時の痛みの心配はありません。(※術後検診は無料)
約8日後 入浴可能(※抜糸の翌日から入浴可能です。)
術後の痛み
について
施術当日は、若干の鈍痛を感じますが、短時間で落ち着きます。痛み止めの薬剤を処方しますので、必要に応じて服用してください。
術後の腫れ
について
施術部位が少し腫れた感じがしますが、数日で落ち着きます。
術後の運動について 施術直後の激しい運動は、控えてください。施術直後に激しい運動を行うと縫合部位の回復に影響し、自然な仕上がりに影響を与えることがあります。
約3~4週間後から、スポーツが可能です。それまでは、運動は控えてください。
術後のセックスについて 目安として、約3~4週間後から可能になります。
施術のリスクについて 包茎などの男性器手術は、術後に多少の腫れを伴います。男性器は心臓よりも低い位置にあるため、術後2~3日間は長時間立っていたり運動したりすると、腫れが出やすくなってしまうことがあります。施術当日は、動き回ったり飲酒をすると腫れや出血の誘因となるため、帰宅して安静に過ごすことをおすすめします。

(※症状により個人差があります。)

料金 男性器の悩み『包茎手術』

施術名 施術概要 備考 料金
包茎手術 包皮切除による
包茎治療術
※麻酔代・アフターケア代を含む 150,000円
(本体価格)

※表示料金は、本体価格です。消費税は含まれておりません。

「料金一覧」詳細ページへ

無料カウンセリング予約ドクターの無料カウンセリング日時のご予約はこちらから。

無料メール相談まずは、無料でメール相談。お気軽にどうぞ。

フリーダイアル 0120-107-929 受付 10:00~19:00/土日祝も診療

このページの先頭に戻る

 
無料カウンセリング予約
ドクターの無料カウンセリング日時のご予約はこちらから。
無料メール相談
まずは、無料でメール相談。お気軽にどうぞ。
無料アフターケア相談
当院での治療・施術後のアフターケアについてはこちらから。

各院紹介

城本クリニック 大阪院

阪急デパート 東となり
ヘップナビオ向い OSビル9F
電話番号 06-6363-8611
大阪市北区小松原町3-3 OSビル9F
大阪駅より徒歩5分

城本クリニック 京都院

烏丸通り西入ル 蛸薬師通り
ガーデンビル3F
電話番号 075-252-2113
京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル
ガーデンビル 3F
京都 四条烏丸駅より徒歩3分

城本クリニック 姫路院

JR姫路駅北口大手前通り
りそな銀行となり しらさぎビル7F
電話番号 079-225-5051
姫路市白銀町20 しらさぎビル7F
姫路駅より徒歩5分

モニター募集

城本クリニックの症例モデルの応募についてはこちらから